上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
New OrderのBizarre Love Triangle。タイトルだけ聞くと、ジョジョの奇妙な冒険みたいだ。
ニューオーダーはまだ現役で、今までのシングルはどれもすばらしい。
この曲も彼ららしく、ダンスミュージックの中に哀愁が感じられる、ギターミュージックになっている。
歌詞も素敵。
この曲と関係ないのに、なんとなく高円寺の小さなクラブを思い出す。


僕が知らないだけで、とってもたくさんカバーされているらしい。
http://en.wikipedia.org/wiki/Bizarre_Love_Triangle#Cover_versions

・Frente!
これは知ってた。歌い方がいいなと思っていたら、オーストラリアのバンドだそうだ。
"You say the words that I carnt say"と歌っていて、耳障りがよい。



・Nouvelle Vague
なんだこのバンドは。いっぱいNew Orderのカバーをしてる。コーラスワークがニクい。



・Commercial Breakup
うーん。なくはないけど。



・Stabbing Westward
いくつかの映画のOSTに入っているようだ。なかなか良い。



・New Order
一通りいろいろ聞いてみて、なんだかやはりオリジナルが一番いい。
ただこの映像の途中に入る映画のようなシーンはなんだろう。








BW

タグ : new order bizarre love triangle ニュー オーダー



マニック・ストリート・プリーチャーズのMotown Junk。
歌詞を知らなかったので、読みながら聞いてみた。
なんて歌ってるか全然分からない。サビやLennonの部分くらいは分かるけど。
何なまりって言うんだろうか。
イングランドではなく、南ウェールズ出身のようだが、ロンドンの人は理解できるのだろうか。
僕たちが博多弁を理解できるようなものなのだろうか。

歌詞の過激さと当時のパフォーマンスで、メディアには大きく取り上げられたらしい。
それにしてもPublic Enemyで始まり、ピストルズのEMIのような終わり方をする、
非常に攻撃的で扇動的な曲だ。
ロックンロールのダイナミズムが爆発。





ベスト盤には、当時既に失踪していなかったリッチーの写真も載っている。
リリースされたときにジャケットを見て泣けた。


BW
このバンドをBrit Popと言うのは憚られるが、時代的にはそう括られているようである。
The Verve。
その昔はTheはなかったが、同名のJazzレーベルから使用差し止めを求められ、Theがついたようだ。
分かりやすく言えば、Dust Brothersの類である。

時々UK代表のように語られるが、Leedsの近くの小さな町出身らしい。
Leedsまでなら行ったことがあるが、十分小さな町だった。

最近彼らは再結成して大きなツアーを行い、なんと日本でもフェスに出たようだ。
結局行かなかったが、先行して発売されたアルバムがなんと11年ぶりらしい。
あのUrban Hymnsからなんと「11年」である。うそ・・・。(毎回毎回リアクションが同じだ。)

僕の歴史の中では、結構新しいアルバムだと言う認識で、Bitter Sweet Symphony ⇒ Drugs Don't Work ⇒Lucky Man ⇒ Sonnet の怒涛のリリースなんて、ほんとに昨日のようである。
(僕はこの4枚はどれも好きだが、とくにBitter Sweetのファンが多いのがあまりよく分からない。)

3rdアルバムに思い入れが強い人も、今回の再結成で初めてThe Verveに触れた人も、
是非聞いてみてほしいのが、2ndアルバムとそこからのシングルである。
On Your Ownは3枚目のRolling Peopleのような、Rollingな曲だ。

All I want is someone who can fill the hole, in the life I know
In between life and death when there's nothing left, do you wanna know?
(copyright by The Verve)

序盤から、朗読のようなR&Rのようなスムーズフローで歌われ、
ハンドクラップときれいなコーラスで終わるまで、まったく飽きさせない。
ゴスペルを聞くような感覚に包まれる、ロックンロールバンドのつかの間の休息のような曲だ。

彼らのUps & Downsはまさに典型的なロックバンドのそれで、この曲の美しさからはなかなか想像できない。(1stやその他、ギター全開の曲からは容易に想像できる。)

7インチシングルは、ちょっと悪趣味な緑色をしている。




BW
前回は日英友好150周年の話題を書いたが、今日は日仏交流150周年の話題を見た。
日仏間での交流が始まってから150年なのだろうか。

その広告を見たのは渋谷のHMVなのだが、その渋谷HMVも今の建物に移ってちょうど10周年だそうだ。移転したような記憶があるけど、その前はどこにあったかな??
あのHMVのビルが建築中だったのも、ついこの間のように感じる。

今回は少し趣を変えて、その頃僕が好きだった曲を取り上げてみる。10年前だから1998年だが、もう少し遅く99年か2000年くらいに良く聞いた個人的にも青春&胸キュンソングだ。

この頃はこういったEPが多かった。hitbackのようなインディーレーベルもたくさんあった。
僕がEPで買ったのは少し後で2002年くらいかもしれない。
下北沢で2,000円くらいだった気がする。2000年くらいにDJしてた頃はアルバム12インチやCDでかけていてシングルはもっていなかった。
7インチEPで2,000円というのは、僕にとってちょうど「高いかな」と思いはじめるくらいの値段で、以前ミッシェルガンエレファントのボーカルの人も同じことを言っていて、妙なシンパシーを感じた。

縦ノリ系、ティーネイジ系、下北Que系もしくはBasement系と言えばぴったりだろうか。
ただたださわやかで懐かしい。

どなたかは知らないがこちらの方も、この曲について素敵でニクいブログを書いてる。
http://journal.exhivision.net/?eid=723383

こんな見せ方もあるんだ。面白いな。








BW
今年2008年は日英修好通商条約調印から150周年にあたるようで、在日英国大使館やブリティッシュカウンシルがUK-JAPAN2008という日英友好、英国の日本への紹介というイベントを行っている。

日本が英国とは、いったいどれくらい関係が深いのであろうか。長年の同盟国である米国や、最近益々経済的に親密になる中国を初めとした東アジア各国と比較して、ヨーロッパの1国に過ぎない英国は普段の我々からは遠い存在だ。
島国で、経済大国で、親米で、国民はシニカルで、車が左側通行で、王室は歴史が古くて・・・など、もちろん共通項は挙げたらきりがない。
だが、地理的な距離を考えたら、経済的にも薄い付き合いであろう。

そう思い、2007年の統計を見てみると、なんと日本からの輸出金額で10位、日本への輸入金額で21位と、かなり重要な貿易相手国である。知らないとは恐ろしいことである。
(出展:JETRO http://www.jetro.go.jp/world/japan/stats/trade/)

しかし僕たち音楽ファンには、この貿易規模以上に英国を親しく思うところがあると思う。
日本のポップミュージックがアジアに伝播している以上に、英国のポップミュージックはヨーロッパに、世界中に輸出されている。

End_of_a_Century.jpg

前置きが長くなったが、今回はblurのEnd Of A Centuryである。
敢えて日本語にすれば聖飢魔IIか。どちらも懐かしい。

今日、ブラーが再結成すると言うニュースを聞いて、ついこの曲をiPodで捜してしまった。
それにしても、blurが9年活動していないなんて、まったく信じられない・・・
ついこの間ベスト盤が出たばかりのような気がする。
(ニュースソース: http://www.vibe-net.com/news/?news=0036526)


We All Say, Don't Want To Be Alone
We Wear The Same Cloths Cos We Feel The Same
We Kiss The Dry Lips When We Say Good-Night
End Of A Century, Oh, It's Nothing Special
(copyright by blur)

確かにこの曲のデーモンの声はまだ若く、歌っていることも若々しい。
改めて聞くと、かなり甘酸っぱい系の歌詞とメロディーだ。
このサビの後に「Sexを流すTVにみんなが夢中。30歳に近づくと心がけがれてくる。」なんて続く。

blurは、シニカルでポップミュージックの伝統に則ったど真ん中のポップバンドだ。
英国プレス受けもするようだ。態度、話し方、衣装、出自、音楽性、レコードのデザインなど、ポップカルチャーの真ん中と言う感じだ。

このレコードは7インチも、すばらしくかわいい。
プラモデルのパッケージを模した、おそらくstylorougeによるデザインなのだが、部屋に飾っておきたいくらいとても素敵だ。




冒頭に英国は遠い存在だと言ったが、私は暇を見つけてはわざわざ英国に旅行に行くほどファンである。同じような英国ファンは世界中に多いだろうと思う。


BW

タグ : ブラー blur

««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。