上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年2008年は日英修好通商条約調印から150周年にあたるようで、在日英国大使館やブリティッシュカウンシルがUK-JAPAN2008という日英友好、英国の日本への紹介というイベントを行っている。

日本が英国とは、いったいどれくらい関係が深いのであろうか。長年の同盟国である米国や、最近益々経済的に親密になる中国を初めとした東アジア各国と比較して、ヨーロッパの1国に過ぎない英国は普段の我々からは遠い存在だ。
島国で、経済大国で、親米で、国民はシニカルで、車が左側通行で、王室は歴史が古くて・・・など、もちろん共通項は挙げたらきりがない。
だが、地理的な距離を考えたら、経済的にも薄い付き合いであろう。

そう思い、2007年の統計を見てみると、なんと日本からの輸出金額で10位、日本への輸入金額で21位と、かなり重要な貿易相手国である。知らないとは恐ろしいことである。
(出展:JETRO http://www.jetro.go.jp/world/japan/stats/trade/)

しかし僕たち音楽ファンには、この貿易規模以上に英国を親しく思うところがあると思う。
日本のポップミュージックがアジアに伝播している以上に、英国のポップミュージックはヨーロッパに、世界中に輸出されている。

End_of_a_Century.jpg

前置きが長くなったが、今回はblurのEnd Of A Centuryである。
敢えて日本語にすれば聖飢魔IIか。どちらも懐かしい。

今日、ブラーが再結成すると言うニュースを聞いて、ついこの曲をiPodで捜してしまった。
それにしても、blurが9年活動していないなんて、まったく信じられない・・・
ついこの間ベスト盤が出たばかりのような気がする。
(ニュースソース: http://www.vibe-net.com/news/?news=0036526)


We All Say, Don't Want To Be Alone
We Wear The Same Cloths Cos We Feel The Same
We Kiss The Dry Lips When We Say Good-Night
End Of A Century, Oh, It's Nothing Special
(copyright by blur)

確かにこの曲のデーモンの声はまだ若く、歌っていることも若々しい。
改めて聞くと、かなり甘酸っぱい系の歌詞とメロディーだ。
このサビの後に「Sexを流すTVにみんなが夢中。30歳に近づくと心がけがれてくる。」なんて続く。

blurは、シニカルでポップミュージックの伝統に則ったど真ん中のポップバンドだ。
英国プレス受けもするようだ。態度、話し方、衣装、出自、音楽性、レコードのデザインなど、ポップカルチャーの真ん中と言う感じだ。

このレコードは7インチも、すばらしくかわいい。
プラモデルのパッケージを模した、おそらくstylorougeによるデザインなのだが、部屋に飾っておきたいくらいとても素敵だ。




冒頭に英国は遠い存在だと言ったが、私は暇を見つけてはわざわざ英国に旅行に行くほどファンである。同じような英国ファンは世界中に多いだろうと思う。


BW
スポンサーサイト

タグ : ブラー blur

コメント

こんばんは。
ここ最近の更新ラインナップ、好きなバンドというだけでなく、その中でもとりわけ好きな曲ばかりだったので、なんだか本当に好みが近くてビックリしています。(マニックス、Suede、Radiohead、blurと・・・)

blurはリアル世代で大好きでしたよ。
「でした」ではなく、今でもフツーに聴いていますが!
私も以前、blurのデビュー盤をサイトで紹介していたので、気が向いたら覗いてやって下さい。

余談ですが、blurはファッションに喩えると、私の中では「BEAMS」ってイメージです。

Re: タイトルなし

RAYさん、こんばんは。
好きな音楽近いんですね。世代なんですね。きっと。
マニックスとかsuedeとか好きなのをだんだん周りとシェアできなくなってきましたね。
昔はすごいたくさんいたのに・・・(涙)

最近は、思いっきり90年代のみにぴったり納まってて、
古いものや新しいものにほとんど興味が出てこなくなっちゃいました。

blurはBEAMS。。。あってますねwww
oasisは・・・pulpは・・・あ、Menswearは・・・www

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。