上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日、小室哲哉が保釈されたそうだ。
ちょうど6年前にglobeのKeikoと盛大な結婚式を挙げた同じ11月22日だそうだ。
彼が逮捕されてからは、彼の魚介類嫌いを知っているファンが、食べ物を差し入れしたりしたと言ったエピソードも紹介されたいた。ほほえましい。
そんなことはどうでもいいが、今回はKights of The Knife。

TM NetworkからTMNになってほぼすぐ、彼らは"プロジェクトを予定通り終了"してしまった。
"先生"の事務所独立、TM以外の活動が目立ってきてなんとなくは感じていた。

この曲は小室みつ子の作曲で、(いわゆるTKサウンドファンではなくもっと前の時代の)TMファンとしては、小室哲哉の趣味と思われる音楽振り回されている感が強かったTMがまた原点に戻ったようで、ぐっと来たことを覚えている。KATSU-Gのギターも泣ける。

この曲をミュージックステーションで、"アナログシンセ"で実際には弾いているのかもしれないが"アテフリ(=エアシンセ)"のようにパフォーマンスしたのを覚えている。ラストグルーヴと同じく、YMOの教授を模したあの髪型で演奏したのを覚えている。かっこよかったな。

この曲は素敵な曲だ。
We Are Going To・・・のところが、ぐっと来る。ホントに終わるんだなと思った。

また彼の素敵な曲を聞きたい。







BW

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。