上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Carnival Of Light - 最近ニュースでこのタイトルを聞いた。ニュースはザ・ビートルズ(The Beatles)が1967年にレコーディングした"Carnical Of Light"という曲をサー・ポール・マッカートニーが発表しようとしているという内容だった。おそらくザ・ビートルズ名義で出したいのだろうが、発表のためにはメンバーのリンゴ・スターと、故ジョージ・ハリスンと故ジョーン・レノンの遺族に許可をもらう必要があるとのことであった。14分に及ぶ実験的な音楽で、当時、あるいは後のアンソロジー発売の際の発表に対してポール以外が賛同せず、お蔵入りとなっているということであった。サージェント・ペパーズ時代くらいから彼らは実験的取り組みに傾倒し、この他にも同様のお蔵入りが多数あるとのことである。さらにこの曲のタイトル、存在はファンの間ではずっと前から有名であるそうだ。
 
今回はCarnival Of Lightである。
Liverpool出身のFab 4、The Beatlesの話ではなく、Oxford出身のFinest Band、RIDEのアルバムだ。アルバム内に、同名のタイトル曲はない。
僕はRIDEのファンで、かなり熱狂的なほうだと思う。オリジナルのCDやレコードはたぶん全部持っているし、プロモ版なども何枚かある。たまに聞くと、結構ギターの揺れを明確に覚えていたり、歌えたりする。年に1度くらい、ちょっと年上の女性とこの話題で話が合うことがある。

そのファンの僕がRIDEっぽくないと勝手に思っているアルバムがこの3rdだ。さらに後に続く、結局ラストアルバムになってしまう4thはRIDEと言うよりHurricane#1の序章のようだ。
シューゲイザー、フィードバックギターで有名だったRIDEは、2ndあたりから大きく変わっていき、3枚目のこのアルバムでは浮遊感はまったくない。今振り返ってみると、普通のUKロックバンドの普通のアルバムだ。アメリカンであり、サイケデリアであり、完成度としては申し分ない。同じ年の2ヶ月ほど後にリリースされることになる"Definitely Maybe"と比較すると、如何にこのアルバムが普通か、良くあるタイプかが際立つというものだ。
シングルでもリリースしたCreationというバンドの"I don't know where it comes from"のカバー曲が入っているのが、彼らの他のオリジナルアルバムと比べて特徴的だが、1st⇒2nd⇒3rdと順番に聞くと順当な時代の流れに聞こえてしまうのも不思議だ。

しかしすばらしい曲ももちろん存在する。"From Time To Time"や、"At The End Of The Universe"は、まるでThe Stone Rosesだ。強いて言うなら、朝の通学・通勤のiPodで聞きたいくらいの血圧上昇チューンだ。(もちろん車通勤の人はiPodではなく、カーステでなければならない。)







BW
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。