上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
onlyyou.jpg

いったいいつになったら「Madchester」について書くのだろうか。
今回は内田有紀のOnly Youである。
(次回こそはマッドチェスター・レイヴ・オン!!で行きたい。)

発売年を確認して、また唸ってしまった。
もっと最近かと思っていた。
年がたつのは早い。

と同時に、これが流れていたころは既に、
所謂J-POPというものに大きな興味抱いてはおらず、
音楽としてではなく芸能として捕らえていた(=十分大人だった)と記憶しているから、
僕の感覚では1995年では少し早すぎるのだ。
僕の記憶では、まだまだ音楽番組もドラマも好きだった記憶がある。

さておき、、
特に2曲目が「Jungle Mix」と名づけられているように、
このころの小室哲哉はJungleが好きだった。
(個人的には1曲目のポップ×ジャングルフレイバーがすばらしく、
2曲目はテストプレス的なお遊び、ご愛嬌といったところだと思う。)
デトロイトテクノ⇒ロッテルダムテクノ⇒ロンドン等のハウス⇒ユーロビートと、
道を迷っていた当時の僕にもJungleという言葉は既に届いていたと思う。

当時の「有識者」たちがのたまわった、「こんなのはJungleじゃない」という批判は、
時を越えて現時点でも十分正しい。
ただこの曲とH Jungle名義で出した曲とを超える、
「ジャングル」な曲は他に見当たらなかった。
ハウス4つ打ち+レゲエ裏打ちをジャングルと紹介するのに、
小室哲哉以上の伝道師は登場しなかった。
(もちろん東京などのクラブシーンなどではあったのかも知れない。
ただ田舎の少年に届くラジオ、レコードの類ではそうであった。)

おそらく当時のTK系が好きな人にも、
そしてTK系は嫌いだがTM NETWORKファンだった人にも、
この曲は受け入れられると思う。

僕のような、ダンスミュージックに迷い、しかしジャングルは素通りして、
特に内田有紀のファンでもなかった人にも届くのだ。
そう、能書きが長いが、僕はこの曲が好きなのだ。
踊れる。

8cmシングルは中古屋で叩き売られているから、
縦長アイドルジャケットを楽しむ上でも、見つけたら是非買ってほしい。
部屋においてあるのを見つけられるほうが、
itunesなどで買って履歴を見られるより、ぜんぜん恥ずかしくない。
「わざわざ捜す」くらいの心意気で臨んでほしい。










スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。