上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤塚不二夫さんが亡くなり、タモリが弔意を手向けました。


白紙の原稿をもち、あたかも読んでいるかのようなその素振りは、
彼にとって「初めて読む弔辞」を実は「読んでない」と言う、
故人に対しての粋なギャグでしょうか。

その態度もさることながら、内容もほんとにすばらしい弔辞です。
最後に贈った言葉、「私も数多くのあなたの作品のひとつです」とは、
TVの世界で名を成した彼一流の、すばらしい感謝の言葉だと思います。

タモリさんは赤塚さんにそのお笑いの才能を見出されました。
タモリさんの才能にほれた赤塚さんは、
タモリを九州に帰してはいけないということで、
初めて見たその日に東京のマンションに居候させると提案したそうです。

タモリは後年、「アンタが勝手にオレの才能にほれたんだ」などと、
ジョークを言っていたそうですが、もちろんずっと恩を感じていたそうです。


弔辞で感激しても仕方がないのですが、
2人の男がこれほどまでに素敵に結ばれることができるものかと、
心震えました。

タモリさんの赤塚さんへの思いが、
故人に届き、故人が喜ぶような形で、
タモリさんの今までの態度を変えない形で、
それに、私のようなまったく2人を知らない人間にも伝わる形で、
具現化されていたように思います。

弔辞の言葉や動画もいろいろとあがっているようですから、
もし見ていない人は是非、探してみてください。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。