上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sing - blur(1991)

blurの1stに入っているSingである。
トレインスポッティングと、もう1つ何かの映画にも使われていた記憶がある。

WikipediaにSingについて書いてあった。
Coldplayが、この曲について、最近のアルバムの中の1曲のきっかけとなったと話しているようだ。
http://en.wikipedia.org/wiki/Leisure_(album)
面白いエピソードだ。

この曲について、まとめるとこうだ。
まず、陰鬱である。
次に、高揚がある。
最後に- at last but not the least、やはりダンスミュージックである。

もちろん、がんがん踊るという曲ではなく、
ゆらゆら揺れることを強いるような感覚だ。

Sing to me.........


丸々大好きな1stアルバムだが、とくに好きなのはこの曲だ。
彼らのギターロックへの愛情が見える。
そして特筆すべきは、当時Shoegazerが流行っていたこともあるのか、
その後POPなお兄ちゃんで売る彼らのデビューアルバムなのに、
アルバムを通して、かなり暗いという点だ。(もちろん十分ポップではあるが。)
と言うか正確に言うと、
キャリアを通して彼らの音楽はところどころ暗い。
そして、そこが好きなFANも多い。

調べてわかったのだが、UK盤とUS盤の内容が結構違うということ。
そして僕は、US盤を持っていないということ。
更に僕は、UK盤もアナログレコードしかなく、CDを持っていないということ。
いったい今までどうやってSingを聞いてきたのか。
ちょっと聞きたいという時が何度もあっただろうに、
その都度、黒い大きなプラスチックを出していたとは。。。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。